日本ジュース・ターミナル

貯蔵タンク

貯蔵タンク

貯蔵タンク

 
タンクファーム(貯蔵タンク)
タンカーから移送された濃縮オレンジジュースは、常時約マイナス10℃で保冷されているメインタンク室へ。

ここには、1基あたり1,000トン容量のステンレス製貯蔵タンク22基を設置。タンカーと連動してコンピュータ制御されたポンプにより、タンクを満たしていきます。

配管を含むメインタンク室全体が常時約マイナス10℃で保冷されています。

タンク内の上部空間部は常に窒素ガスで満たされ、濃縮オレンジジュースの表面の酸化を防いでいます。
閉じる